永井小巻は、下町育ちの31歳。真っ直ぐで、強がりで、思い切りのよさは天下一品。そんな性格からか、ある日ダメ亭主に愛想を尽かし、娘のんちゃんを連れ実家の京島に出戻った。心機一転、仕事の面接をうけまくるがキャリアも職もない小巻に社会は厳しく、なけなしの貯金も底をつき日々の生活は苦しくなるばかり。 そんな小巻の唯一の才能はお弁当作り。娘のために作ったのり弁が大評判になり、遂には自らの力で“安くて美味しい最高のお弁当屋を開く”ことを決意する。 目標に向かって奮闘する小巻だが、現実はそう上手くいかず…。果たして小巻はお弁当屋をオープンし、無事に人生の再スタートをきれるのか? 金なし、職なし、社会常識なし、なんにも考えずに生きてきた31歳子持ち女子、ゼロからの再スタート物語。小巻の生き方は一見無謀で不器用だけれども、常にひたむきで自分に正直。守りに入りがちなこんな時代だからこそ、本気で生きることの大切さを思い出し、明日に向かって歩き出したくなる。

昨今、巷を賑わせているお弁当ブーム。キャラ弁、モテ弁、弁当男子など、お弁当用語が誕生するまでに。そもそもなぜ今お弁当なのか? 節約、エコなど理由は様々だけれども、根底にあるのは作り手の手間隙かけた愛情と思いやり。お弁当を渡すことでうまれる温かさやぬくもり、驚きや喜びを、人が今求めているからかもしれない。 本作で、主人公・小巻が作るのり弁は娘への愛情と工夫が満載。そして、こののり弁が小巻の将来を大きく変えることになっていく。お弁当以外にも、小料理屋“ととや”での運命の出会いとなるサバの味噌煮や、肉じゃが、がんもなど手作りの温かい料理が次々と登場し、ほかほかの幸せを運んでくれる。これらを手がけるのは『かもめ食堂』、『めがね』を担当したフードスタイリスト・飯島奈美。料理も本作の重要なキャストといって過言ではない。観た後、きっと誰かへ愛情弁当を作りたくなるはず。

出会って10分で「この人を撮りたい」。緒方明監督が女優・小西真奈美と初めて会った時の思いだ。後に、それは“幸せな出会いだった”という言葉に変わる。
国内外で数々の賞を受賞した『いつか読書する日』から4年。深い人物描写で映画界に名を知らしめた緒方明監督待望の新作は、人気コミック「のんちゃんのり弁」(講談社「モーニングKC」所載)を原作に、人間のひたむきさ、可笑しさ、愛しさを描き出し、観た後、そこに生きる人の息づかいが伝わってくる物語。
主人公を演じるのは、映画、テレビ、CM等幅広く活躍する実力派女優・小西真奈美。下町育ちの向こう見ずな子持ち女子というはっちゃけキャラを見事に演じ、圧倒的な存在感で新しい境地を切り開いた。
物語に深みをあたえているのは、倍賞美津子、岸部一徳、岡田義徳、村上淳、山口紗弥加ら演技派俳優たち。小巻を支えながらも成長させる重要なキャラクターでそれぞれ登場する。また、スタッフは『いつか読書する日』から引き続き、撮影・笠松則通、照明・石田健司、録音・横溝正俊、編集・矢船陽介など日本映画界屈指のスタッフが緒方監督のもとに再集結。新たに脚本で『裸足のピクニック』の鈴木卓爾、美術に『天然コケッコー』の金勝浩一などが加わった。さらに、主題歌は、いち早く本作を観たスネオヘアーが書き下ろした楽曲「ロデオ」。本作と同じく“荒馬を乗りこなすように、人生の荒波を乗り越えていって欲しい”という思いが込められている。そして、世界的アコーディオニスト・cobaの音楽が、郷愁を誘う温かなメロディーを奏で、映画全体を優しく包み込む。
下町を舞台に懸命に生きる人の姿を描いた本作が、監督そしてキャスト・スタッフの力により、極上の人間ドラマとなって完成した。