ニュース -News-

第72回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞<ドラマ部門>ジュリアン・ムーア受賞!

2015年01月12日

第72回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞<ドラマ部門>ジュリアン・ムーア受賞!
ジュリアン11冠目!遂に念願のアカデミー賞受賞へ王手!!

アリスのままで仮メイン.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


LA現地時間の本11日に、アカデミー賞前哨戦の、第72回ゴールデン・グローブ賞の受賞が発表され、『アリスのままで』(原題:STILL ALICE)の主演ジュリアン・ムーアが主演女優賞(ドラマ部門)を受賞。 また彼女は既に、他の全米映画賞にて、10個の女優賞部門を受賞、今回のゴールデン・グローブ賞受賞で11冠を達成!2月発表の本年度アカデミー賞の<主演女優賞>も最有力との呼び声も高く、遂に念願のオスカー受賞へ王手をかけることとなりました。『アリスのままで』は6月下旬より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他全国ロードショーが決定しております。


50歳にして若年性アルツハイマーと診断されたアリス。
日々記憶を失っていく彼女は、あとどれくらいアリスでいられるのだろうか-―
愛する妻を、尊敬する母を、私たち家族は、ただ、黙って見守るしかできないのか・・・


ニューヨーク、コロンビア大学で教鞭をとる言語学者のアリスは50歳。ある日の講義中に、突然言葉が思い出せなくなり、ジョギング中に自宅への帰り道すらも分からなくなる。 彼女の病名は若年性アルツハイマー。家族の介護も空しく、日々、記憶や知識が抜け落ちていく中、ある日アリスは、パソコンに、かつての自分からのビデオメッセージを発見する。自分が自分であり続けるために、かつてのアリスが自身に託したメッセージとは・・・?
原作は全米を感動と涙で包み込んだベストセラー小説。本作の監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウエストモアランドの2人。グラッツァー自身も、ALS(筋委縮性側索硬化症)という病気と闘いながらの撮影となった。キャストは、主人公のアリスを、『めぐりあう時間たち』のジュリアン・ムーア、夫のジョンには『ブルージャスミン』のアレック・ボールドウィン、長女のアンナを『スーパーマン・リターンズ』のケイト・ボスワース、次女リディアを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートたちというハリウッドの豪華な演技派が勢ぞろいし、病気の苦悩や葛藤、そして家族の絆の物語を見事に演じている。


6月下旬より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他にて全国ロードショー!
映画オフィシャルサイトはこちら