ニュース -News-

ナンニ・モレッティが家族をテーマにした感動のドラマ『母よ、』公開決定!

2016年01月06日

第68回カンヌ国際映画祭で
エキュメニカル審査員賞を受賞したナンニ・モレッティが"家族"を描いた最高傑作


 映画監督のマルゲリータは恋人とは別れたばかりで、娘は反抗期の真っただ中、新作映画の撮影は思うように進まない。一番心配なのは、兄のジョヴァンニと共に世話している入院中の母アーダのことだった。アメリカから到着した主演俳優のバリーが撮影に加わるが、気性が激しく自己主張が強いという共通点を持つ監督と主役は、現場で何かと言い争うようになる。そんな折、医師から最新の検査結果と共に、母が余命わずかだと宣告される。「母は生きたいの」と取り乱すマルゲリータが、やがて心を落ち着け、選んだ道とは──。
 マルゲリータに扮するのは、モレッティ監督作は『ローマ法王の休日』(11)に続く出演となる、『はじまりは5つ星ホテルから』(13)のマルゲリータ・ブイ。イタリアを代表する名女優で、本作でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞に輝いている。バリーには、モレッティ監督のたっての願いで初タッグを組んだジョン・タトゥーロ。『バートン・フィンク』(91)でカンヌ国際映画祭男優賞を獲得した個性派俳優。そして兄のジョヴァンニを、自作への出演がすっかりおなじみとなったモレッティが演じている。
2016年3月12日(土)よりBunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国公開致します。公式サイトはこちら
haha_360.jpg