ニュース -News-

監督:熊切和嘉×主演:綾野剛 『武曲 MUKOKU』2017年公開決定!

2016年10月05日

熊切和嘉監督×綾野剛 再タッグ
人気・実力を兼ね備えた日本を代表するキャスト・スタッフで、これまでにない斬新な"決闘映画"で映画史に新たな歴史を刻む。


『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀作品賞を受賞した熊切和嘉の最新作『武曲 MUKOKU』が、2017年に全国公開されることが決定いたしました。
主人公・矢田部研吾(やたべ・けんご)を演じるのは、『そこのみにて光輝く』で数々の主演男優賞を受賞した綾野剛。
研吾と宿命の対決をするラップ好きの高校生・羽田融(はだ・とおる)を、新鋭・村上虹郎が演じます。
脚本は、『そこのみにて光輝く』で第88回キネマ旬報ベスト・テン脚本賞を受賞した高田亮。撮影は熊切作品を多数手がけ、『海炭市叙景』で第65回毎日映画コンクール撮影賞を受賞した近藤龍人。原作は芥川賞作家・藤沢周の「武曲」(文藝春秋刊)です。
 
剣道五段、矢田部研吾はアルコール漬けで自堕落な日々を送り、駅ビルの警備員をしながら細々と生きている。母は既に亡く、かつて「殺人剣の使い手」と言われた父・将造は病院で植物人間状態だ。そんな彼の前に、天衣無縫の高校生・羽田融が現れる。ラップの作詞に夢中なこの高校生に、研吾は父と同じ「天性の剣士」を見た。剣道八段の僧侶、光邑師範の教えにより、人間として、剣士としての精進を積んでいく二人は対決する運命に・・・。


"現代の侍"にご注目ください!公開は2017年。公式サイトはこちら
武曲web.jpg